大豆と枝豆とえんどう豆とグリーンピースの違いを調べてみた!

, 暮らし

大豆の苗の画像

皆さんは「大豆」「枝豆」「えんどう豆」「グリーンピース」の違いってわかりますか?
あるいはこれらの豆から作られる、「ずんだあん」「うぐいすあん」の違いはどうでしょう。

これらの違いをはっきりと説明するとなると、意外と難しいですよね。

そこで今回は、「大豆」「枝豆」「えんどう豆」「グリーンピース」の違いについて調べてみました。

大豆と枝豆は同じもの

大豆食品の画像

「大豆」は醤油や味噌などの原料となる、日本人にとって欠かせない食材ですね。
他にも、豆腐や納豆などの大豆から作られている食品が、日本の食卓では毎日のように並んでいます。

枝豆とビールの画像

一方「枝豆」といえば、おつまみの定番といったイメージでしょうか。
塩茹でしたものはビールと良く合います。

実は、この「大豆」と「枝豆」は同じものになります。
まだ種子が未熟で緑色のうちに収穫したものを「枝豆」と呼び、成熟してクリーム色になったものを「大豆」と呼んでいるのです。

出世魚のように、成長と共に名前が変わってゆくわけですね。

えんどう豆とグリーンピースは同じもの

絹さやの苗の画像

「えんどう豆」と聞いても、あまりイメージが湧かないかもしれませんね。
一番わかりやすい例としては、やはり春日井製菓の「グリーン豆」ではないでしょうか(笑)

春日井製菓のロングセラー商品ですね。
パッケージに書いてある通り、えんどう豆を使った豆菓子になります。

グリーンピースの画像

一方「グリーンピース」といえば、チキンライスやドライカレーの彩りに散らしてあるイメージがありますね。
あと、やはりシュウマイの上にのっているイメージが強いでしょう。
にんじん・コーンと共に「ミックスベジタブル」としても売られていて、非常に身近な食材です。

この「えんどう豆」と「グリーンピース」は同じものになります。
未熟なうちに収穫したものを「グリーンピース」、成熟したものを「えんどう豆」と呼んでいるわけです。

また、グリーンピースよりももっと未熟なうちに収穫したものは、「さやえんどう」と呼ばれ、莢(さや)ごと食べることができます。

こちらも成長と共に名前が変わってゆく植物になりますね。

えんどう豆は和菓子でよく使われる

えんどう豆入りあんみつの画像

ちなみに、みつ豆やあんみつなどに入っている黒い(赤茶色い)豆がありますよね。
あれも実は「えんどう豆」です。

グリーンピースになる「アオエンドウ」とは別の、「アカエンドウ」という品種になりますが、これもれっきとした「えんどう豆」になります。
他にも、アカエンドウは豆大福や豆もちなど、和菓子でよく利用されています。

大豆とえんどう豆は別のもの

大豆の画像

「ダイズ」は、マメ目マメ科ダイズ属の一年草で、東アジア原産の植物です。
日本でも古くから存在が確認されており、縄文時代から存在していたとする説もあります。

一方、「エンドウ」は、マメ目マメ科エンドウ属の一・二年草で、近東地方原産の植物です。
日本には9~10世紀ごろ伝わりました。

つまり、「大豆(枝豆)」と「えんどう豆(グリーンピース)」は別のものになります。

ずんだあんとうぐいすあんの違い

ずんだ餅の画像

和菓子などに使われるあんこには、緑色の豆をつぶして作るものもあります。
この緑色のあんこには、「ずんだあん」呼ばれるものと「うぐいすあん」と呼ばれるものがあります。

どちらも緑色の豆をつぶして作ったあんこですが、使っている豆が異なります。

「ずんだあん」は、茹でた枝豆をすりつぶして作ります。
仙台の「ずんだ餅」が有名ですね。

一方「うぐいすあん」は、茹でたグリーンピースをすりつぶして作ります。
スーパーなどで売られているヤマザキの「うぐいすぱん」は、このうぐいすあんをパンに詰めたものです。

まとめ

枝豆の苗の画像

今回のまとめはこんな感じになります。

・大豆と枝豆は同じもの

・えんどう豆とグリーンピースは同じもの

・大豆(枝豆)とえんどう豆(グリーンピース)は別の植物

・ずんだあんは枝豆で作る

・うぐいすあんはグリーンピースで作る

というわけで今回は、「大豆」「枝豆」「えんどう豆」「グリーンピース」の違い、そして「ずんだあん」「うぐいすあん」の違いについて解説させて頂きました。
それではまた~。

, 暮らし

Posted by なおじ